ダノンの離乳食

赤ちゃんの離乳食は生後5~6ヵ月過ぎたころから赤ちゃんの様子を見ながら進めていきます。抵抗力の弱、赤ちゃんには食材にも、そして調理するときも手指の清潔や調理器具の衛生面にも十分注意をしましょう。
赤ちゃんの離乳食づくりは想像以上に大変なものがあります。苦労して作っても食べてくれなかったり、食べない赤ちゃんにママは心配し過ぎて落ち込んだりしてしまいますが、行き詰ったら市販の離乳食を食べさせてみてください。赤ちゃん専門の離乳食は味も薄味で油類も少ない離乳食に最適なものになっています。もちろん、赤ちゃんの口に合うように研究されてつくられていますので、喜んで食べてくれるでしょう。また、お母さんもその味、固さ、状態などを見て、離乳食作りの参考にすることができます。
そんなお勧めの市販の離乳食に、ダノンジャパンの離乳食があります。「べビーダノン」「ダノンビオ」「プチダノン」「ダノンヨーグルト」「ダノンデンシア」などがあり、
ダノンジャパンのホームページは、ゴックン期、モグモグ期、カミカミ期、パクパク期のそれぞれに合わせたダノンを使ったレシピが紹介されています。手探りで離乳食作りに励んでいるママ、赤ちゃんがなかなか食べてくれないので悩んでいるママ、そんなママたちにとって役に立つ嬉しいレシピばかりです。参考にして赤ちゃんもママも、共に笑顔で離乳食を進めて行ってください。
ダノンジャパンのホームページには、見たからに美味しそうな離乳食のレシピが紹介されていて、その一つに【スイートポテト風ベビーダノン】があります。ベビーダノンがさつま芋をなめらかな喉ごしにするという、実によく考えられたレシピです。他にも美味しくて食べやすい素晴らしいレシピがたくさん紹介されています。ぜひご覧になってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

このページの先頭へ