母子手当という制度

母子家庭というワードは一般的にも馴染みのあるものですが、父子家庭は、ほとんどつかわれていません。実際に前は児童扶養手当についてはシングルマザーの児童だけに支給されて、父子家庭には支給されませんでしたが、平成22年からは、父子家庭も支給されるように是正されました。子供が低年齢の時は母親に親権が認められる場合が一般的なため父子家庭というのは珍しかったり、暮らしていくのに十分な職業についている事が多数だったので、支給されませんでしたが、母子家庭にかぎらず、父子家庭についても手助けが不可欠であると認定されたのです。

母子手当てだけではなく、暮らしの支援を受けることができる制度が準備されています。たとえば、父が死亡してしまって一人親になってしまった場合は遺族基礎年金の受給対象となります。また、離婚などによってシングルマザーになった場合も国民健康保険等を支払うのが難しい際は納付額のすべてや半分の金額の減免を受けるといったことが可能になっていますので、支払えないなら減免してもらえるかどうか、市町村の役所に聞いてみることをおすすめします。ほかにも、片親家庭の医療費のいくらかを負担してもらえる公的制度も用意されています。
 

母子手当
シングルマザーの子育てに役立てられる母子手当の児童扶養手当について解説しています。申請して条件を満たせば受給できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加









関連記事

このページの先頭へ