出産後の看護師再就職

看護婦や看護士という言葉から「看護師」へと名称が変えられましたが、しかしまだまだ女性が席巻しているこのお仕事。女性が多いということは結婚や出産を機に一度現場から離れてしまう人が多いのも今の日本の看護師不足の原因になっていると考えられています。
看護師の資格を持っているにも関わらずそれを活かしていない人が全国に50万人以上いると言われていますし、しかしもっと注視しなければならないのは、そういった人たちの80%ほどが現場復帰を望んでいるという点でしょう。

もし出産後に看護師として再就職したいと思ったらどうすればいいのでしょうか。出産によって休んだ時期をあまりブランクとして感じておらずすぐにでも現場復帰できる自信があるのであれば再就職はそこまで難しくないと思います。出産前の看護師としてのキャリアにもよりますが看護師は引く手数多なので割とすぐに再就職することができるでしょう。

問題はブランクを感じ、現場復帰に不安を抱えている場合です。
看護師の求人はそれを専門に取り扱っている機関で探すことができますが、その機関によっては出産後の看護師再就職を目指す女性を支援する為に、現役の看護師らによる研修やセミナーを開催してくれています。そこに参加すれば働いていた頃の感覚を取り戻すことができるかもしれませんし、自信を身につけることもできるでしょう。
看護師は多くの職種の中でも出産などによって再就職が不利になることが少ないものです。あとはやる気さえあれば再び世の中の為に働くことができるのではないでしょうか。

出産後の看護師再就職

妊娠をきっかけに看護師を退職した方のための復職を有利にすすめる方法です。

出産後の看護師再就職の記事一覧

母子手当という制度

母子家庭というワードは一般的にも馴染みのあるものですが、父子家庭は、ほとんどつかわれていません。実際に前は児童扶養手当についてはシングルマザーの児童だけに支給されて、父子家庭には支給されませんでしたが、平成22年からは、父子家庭も支給されるように是正されました。子供が低年齢の時は母親に親権が認められ...

母子手当という制度の続きを読む>

家事と両立できる看護師求人

看護師という仕事は、とにかく「時間がない」「休みが無い」と言うのが悩みの上位に挙がってくるほど忙しい職業の代表格です。そのため既婚・独身問わず多くの看護師が家事と仕事の両立に悩んでいるようです。 看護師の悩み相談室などを眺めてみますと、こうした相談は結構な頻度で寄せられており、それだけ普遍的な悩み...

家事と両立できる看護師求人の続きを読む>

このページの先頭へ