NUKのニップル

赤ちゃんに粉ミルクや湯冷ましなどを与えるときに使う、哺乳瓶やニップル(乳首)選びって意外に迷うものです。赤ちゃんによっては、うまく吸えなかったり、市販のニップルの感触が嫌で、口から吐き出してしまうこともしばしば。そんな中でも、まるで本物のお母さんの乳首を再現したかのようなNUK(ヌーク)のニップルは、赤ちゃんの口にマッチする形状になっており、素材もソフトなものを使っているので人気が高まっています。

NUKのニップルは他のメーカーのものと違って、赤ちゃんの舌にしっかり当たるように、先端が少しつぶれているのが特徴です。更にミルク穴が、先端ではなく少し下がった位置にあるので、ミルクがダイレクトにのどに流れ込むのを防ぎ、口の中で唾液と混じりあうことで、赤ちゃんの消化をサポートします。その上、穴が哺乳瓶内の空気圧をうまくコントロールするので、乳首がぐしゃっとつぶれ吸いにくくなるということもありません。また、下唇にぴったりフィットするので口から余分な空気が入りこむことなく、しっかり鼻呼吸ができるし、下あごできちんとミルクを搾り出すことも可能です。

素材は、柔らかさと弾力性に富んだ天然ゴムと、透明で丈夫なシリコンの2種類がありますが、ゴム特有の嫌なにおいもなく赤ちゃんも抵抗なく使えます。また、ミルク穴も大きさによって3種類あるので、用途別に使い分けることが可能であり、サイズも2種類あるので赤ちゃんの成長に応じて変えていけます。また、スリムな形状のスタンダードタイプと、広口形状になっているプレミアムチョイスの2タイプがあるので、お好みで選べます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

このページの先頭へ