産後太りを予防するには

妊娠出産によってホルモンバランスが乱れたり、骨盤がゆがんだりするため、誰でも産後太りをしやすくなります。しかし、自分自身で産後太りを予防することもできます。
産後太りの原因である流動性脂肪の増加や骨盤のゆがみは毎日の生活にエクササイズを取り入れることで改善することが可能となります。骨盤のゆがみなど整骨院などの専門の機関でないと無理だとお思いの方も多いようですが、そんなことはありません。自宅で行えるエクササイズがたくさんありますので、時間の無い方などぜひ取り入れてみてください。出産をしてなるべく早い時期から骨盤エクササイズを行うと骨盤矯正の効果が高くなりますのでお勧めです。産後は身体が弱っている時期でもありますので、無理をせず負担にならないようなエクササイズを選んで行うようにしましょう。
出産後6カ月は産後ダイエットに最適な時期となりますので、できるだけこの時期を逃さないようにすることが大切です。この期間は授乳期とも重なりますので、お菓子を食べないとか油ものを控えるなどほんの少し気をつけるだけで驚くほど体重は落ちていきます。中にはまったくダイエットをせず、食べたいものを食べていても元の体重に戻る方もおられるほどです。流動性脂肪もこの時期は燃焼されやすいので、脂肪が定着してしまわないうちにダイエットを行っておきましょう。しかし、焦りは禁物です。くれぐれも自分の体調に合わせて行うことを心がけてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加





関連記事

このページの先頭へ